節約情報 HT-03A IS01,03,05 SH-10B Galaxy etc WiFi環境 開発ノウハウ 参考情報
トップページ > IS01,03,05
スマートフォン版に切り替える(New!)

IS01,03,05

IS05 Android2.3.4 メジャーアップデートついに来ました

2011年9月予定のIS05のAndroid2.3メジャーアップデートが、本日10月20日、開始されました。

まだ、auのトップページには掲載されていませんが、IS05のサポートページにアップデート方法が掲載されています。

今回のアップデートにより、Android2.X系では最新のバージョン2.3.4になります。

バージョンアップは、WiFiもしくはPC経由の2通りで出来るので、WiFi運用の方もパケット節約してアップデートすることができます。

ただし、メジャーバージョンアップの条件として、最新のケータイアップデートがされている必要があります。

このケータイアップデートがパケット節約派にはやっかいです。
ケータイアップデートのデータのダウンロードにはパケット代は不要なのですが、設定>無線とネットワーク>モバイルネットワーク>データ通信を有効にする(3G通信のオンオフ)をONにしなければならないからです。
「データ通信を有効にする」をONにすると、バックグラウンドで通信するアプリ、サービスなどが通信をしてしまい、おもわぬパケ代が発生するからです。

しかし、Android2.3にはアップデートしたい。
そんな方(私も含めて)には、よいおまじないがあります。

それは、バックグラウンド通信をオフにし、WiFiに必ずつながっている状況にしてから、ケータイアップデートを実施する・・・です。

1.バックグラウンド通信をオフにする方法

設定>アカウントと同期>バックグラウンドデータをオフにする。
これをオフにすると、メールやスカイプなどバックグラウンドでの通信はオフになります。
しかし、完全にオフになるとは言い切れません。
なぜなら、自分で起動したアプリが通信したりするからです。
そこで、次のWiFiオンの方法の出番です。

2.WiFiに必ずつながっている状態にする

これは、AndroidがWiFiと3G通信の両方が有効な時、WiFiの方を優先し、通信することを理由に、アプリもしくはシステムが通信を行った場合でも、3G通信(正確には、3G通信路を用いた通信)が発生しないようにするためです。

WiFiに「必ずつながっている」状態にする理由は次の通り。

いつもはWiFiを優先して使うAndroidですが、WiFiの電波が悪いや安定性が低いときは自動的に3G通信を行います。
3G通信を行うとパケ代が発生します。これは、「データ通信を有効にする」をオフにすればできますが、ケータイアップデート中はそうすることができません。
よって、WiFiに「必ずつながっている」状態にすればよいのです。

ちなみに、IS01のケータイアップデートの時はこの方法を使って、ほとんどパケ代がかからない状況でアップデートできました。

なお、メジャーアップデートはWiFiもしくはPC経由でできますから、3G通信は忘れずオフにしておきましょう。
これを忘れると、いままでのパケ代節約の苦労が水の泡です。

ようこそ、Android2.3.4へ。

電池残量ないとアップデートできない画面

はやる気持ちはあるかもしれませんが、電池を満充電してからアップデートに望みましょう。