節約情報 HT-03A IS01,03,05 SH-10B Galaxy etc WiFi環境 開発ノウハウ 参考情報
トップページ > etc
スマートフォン版に切り替える(New!)

etc

ドコモ、XiのminiUSIMをREGZAPhone(T-01C)とかOptimusChat(L-04C)とかで使ってみる

先日の記事「ドコモ、2012年春のMNP増額キャンペーン~」で入手したARROWS Tab LTE(F-01D)で遊んでいます。
テザリングとか、テレビとか便利ですね。

だけども、外出時に、このタブレットを持ち運ぶのは荷物になって大変なので、スマホにSIMを入れ替えて使えないかを画策していました。

Xiスマホがあれば簡単、何も考えることはないですが、手元にあるのはFOMAが使えるスマホのみ。

この条件で、いろいろ試してみて成功したようなので、今回ご紹介します。


まず、結論から言います。

「Xiデータ契約、ARROWS Tab LTE(F-01D)のminiUSIMを、T-01CとかL-04Cとかで使うのは可能でした。」


一言で言うと、これだけです。
だけども、これだけはさびしいということで、なぜ可能か?ということを、1つずつ順番に説明していきます。


■1.Xi契約SIMをFOMA端末に挿せば、FOMAデータ通信が可能になる

Xi契約はXi端末しか使えないと思いがちですが、実はFOMA端末でも使うことができます。
しかし、Xi網(網は「ネットワーク」の意味です)は使えず、FOMA網だけに限られます。

Xiは全国で使えるという宣伝で販売されていますが、Xi網が整備されていない地域はまだまだ結構あります。
ドコモさんは早くXiが全国で使えるように、がんばって整備しています・・・が、まだまだ時間はかかるでしょう。

その様子はまるでmova全盛期にFOMAが登場した時のようです。
しかし、mova→FOMAの時と違ってすばらしいのは、利用者がXi、FOMAの違いを意識することはほとんどありません。(通信速度のみ)

実は、Xi端末がXiとFOMAを自動的に使い分ける仕様になっているため、Xi網が使えない地域では、FOMA網に切り替えて通信を行います。

一方、FOMA端末はXiデータ通信はできないので、FOMAデータ通信だけを行います。

Xiデータ契約は、Xiが使えない場合、FOMA網を使うことを前提に契約が作られています。
これは、Xiを使おうが、FOMAを使おうが、どちらにも関係なく、データ量によって料金が決まるためです。

よって、FOMA端末にXi契約SIMを挿せば、FOMAデータ通信が可能になると言えるのです。

なお、ドコモが非公式に「FOMA端末でもXi契約できる」といっているので、この推測でほぼ間違いないと思います。


■2.miniUSIMはSIM変換アダプタ(既製品、自作)を使えば、USIM(FOMA端末で使われてきたSIM)として使える

miniUSIM(最近使われるようになった)は、USIM(これまで使われてきた)のチップ部分だけを切り取った形になっています。
チップ部分のサイズは変わらないので、miniUSIMの周りにガワをつけたのが、USIMと考えてもよいと思います。

「miniUSIM アダプタ」で検索すれば、結構安い値段で販売されているようで、わたしの場合、Amazonで購入しました。

その後、商品の到着を待たずに、今回の課題をクリアしようと思いました。

つまり、手元にある解約済みのSIM(お客様センターから、自分で破棄してといわれた分)をカッターでチップ部分をくりぬいて、DIYで変換アダプタを作ってみました。
チップの位置さえずれなければ、コンマ何ミリのズレは問題がないようです。
くりぬいたSIMをT-01Cに差し込んで電源ONすると、ちゃんとデータ通信できました。

別にこのようなことをしなくても、ドコモショップに行けば、miniUSIMからUSIMに変えてもらえるようですが、
元々のARROWS Tab LTE(F-01D)に挿そうと思ったら、またドコモショップに行って、miniUSIMに変更してもらわないといけません。
これでは気軽にSIMの差し替えできませんから、やはり変換アダプタを使う必要があります。

翌日、変換アダプタが郵便で届きましたが、
DIY作業の時にXiのSIMとFOMAのSIMのチップの位置が微妙に違うことを発見しました。

なぜ微妙に位置が違うかはわかりませんが、
もしかすると、ドコモショップでUSIMに交換してもらったものをFOMA端末に挿しても動かないのかもしれません。


■3.Xiの場合、テザリングしても追加料金なし。

FOMAデータ通信でテザリングすると、外部機器接続扱いになって通信料が跳ね上がりますが、
Xiデータ通信の場合、テザリングしても通信料が跳ね上がることはありません。
これは、Xi契約で「テザリングでも追加料金なし」という取り扱いになっているからです。


■4.(余談)Xiでiモード契約も可能らしい

「Xi iモード」でググってみますと、どうやらXi契約でもiモードができるようなのです。
現在SPモードのみですが、mopera、iモード併用可ということなので、これからチャレンジしてみようと思います。


あれ、これ、それ、とメリットはまだありそうですが、今回はこのへんまで。
また、発見したメリットはご紹介させていただきます。


ということで、長文説明で結局、何が言いたいかといいますと、

XiタブをMNP増額キャンペーンでゲットすると、いろいろお得な使い方できますよー

ってことでした。